人妻ツーショット詳細&無料キャンペーンコード

ワクワクメール

お得 1200円分無料体験

H度 ♥♥♥♥

エッチに寛容な若い子がセフレ募集をする夜遊び系マッチングサイト。新宿・渋谷など、全国の繁華街で今日遊びたい暇なナンパ待ち女性とすぐLINE交換できる定番サイトです。

↓↓↓公式サイトへGO↓↓↓


ワクワクメールの詳細情報

番組名 ワクワクメール
種別 出会い/メル友系

ワクワクメールは、2001年に誕生しました。

2001年当時のサイトはガラケー全盛の時代で、白黒のちょっとしたロゴと、都道府県のリンクが並んでいるだけの簡素な作りでした。

キャッチコピーは「今日もメチャクチャワクワクするメールでいっぱい!アドレス、携帯番号は非公開です。メールのやり取りや会話は、コンピュータを介して行いますので、お相手に番号はわかりません。」という内容で、アダルト的な要素がなく、スタート当時から健全な方向性の出会いを提供しようとしていたことが分かります。

当時はメール1通50円で送信できる料金体系でした。

2002年、少しづつ、サイトの作りが変化します。キャッチコピーも変わり、『出会いサイトは男女比が8対2くらいで男性が多くなるのですが、男性有料のため使用できる男性に「経済的にゆとりの有る方」と言う限りがあることと、当サイトは女性誌だけに大量の広告を出しているため丁度5対5のバランスを実現しています』とあります。マッチングサービスは男女比が命なので、ユーザー目線で一番大切なポイントを押さえていた印象があります。

2003年、ワクワクメールの創設3年目になると、コンテンツがますます充実していきました。この年、いよいよガラケーサイトも画像に対応。メールや掲示板、そしてプロフィールに画像を貼れるようになります。ですが、画像と言っても当時の画像は幅120ピクセル以内、サイズは200kバイト以内と、今で言うサムネイル程度のレベルでした。同じくこの年、ロゴもカラフルな画像になります。サブタイトルは、「Future community」。まさに、時代の一歩先を行く出会いを提供していました。

2004年、アダルト投稿画像コーナーが新設されます。ただ投稿するだけでなく、その画像が他のユーザーから評価されると、ポイントとして還元されるなど、見る人も嬉しい、投稿者も嬉しいWin-Winのコーナーでした。

2006年、ワクワクメールは大規模にリニューアルされます。メールや掲示板、プロフィールに、動画を添付できるようになります。そして新ジャンルの追加やプロフィール項目の充実、サーバー強化が進むと同時に、お断り機能、無視機能、通報機能といった、安心・安全のための改善もどんどん進められました。また、文字をカラフルにしたりフレームを付けたりできる、いわゆるデコ画機能も加わります。さらにこの頃、「声のメニュー」が誕生。文字通り、音声で会話ができる機能で、お互いの電話番号を公開することなく、ツーショットで会話ができるテレクラ的な機能でした。フリートークとテレHの2つのコーナーがあり、好みの相手と通話を楽しめる時代に突入します。

2007年、声のメニューに、「声の掲示板」が登場します。自分の声を録音したり、相手の録音を聞くことができる機能で、これまで文字だけのやり取りだったマッチングに、音声要素が加わります。メールのやり取りをする前に相手の音声を聞けるので、これまで以上に相手を選びやすくなりました。またこの頃から、FLASHゲームが登場し始め、ここから、ワクワクメールの無料コンテンツが充実し始めます。

2008年、日記を書けるコーナーを始め、占いやゲーム、着うたなど、無料コンテンツの種類が一気に増えていきました。

2009年、ワクワクメールはカップリングパーティーを開催します。ホテルやラウンジ等でリアルな出会いを提供するイベントで、今で言う街コン的なイベントの先駆けと言えるでしょう。

2010年、PC版サイトが大きくリニューアルします。キャッチコピーは、「キミにとんでいけ!ボクのメッセージ 恋愛応援コミュニティ!ワクワクメール」というもので、この時代、既に会員数は245万人に達していました。ワクワクメールのイメージキャラクターも、この頃登場します。誰もが見たことのある、ピンクの髪をした女の子の、あのCGのキャラクターです。名前は「あ~や」でした。無料コンテンツには、さらに電子コミックやデコメ、アバターが加わります。さらに、ミドルエイジ掲示板が新設され、中高年のシニア世代にも出会いの間口が広がりました。

2011年、ワクワクメールのマスコットキャラクター「わくわっくまちゃん」による「わくわく恋活LESSON」というミニコーナーが登場します。カップリングパーティーも婚活パーティーと名前を変え、いよいよ、「恋活」「婚活」というワードがメインに出てきた時代でした。当時のキャッチコピーも「ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ メル友も恋人も探しちゃおう~★ 運命のお相手との出会いもきっとある」という内容で、アダルト要素はなく、あくまでも健全な恋活、婚活の場という方向性で運営されていました。サブタイトルとして「ソーシャルゲーム&ネットワーキング ワクワクメール」とあったように、ソーシャルゲームが充実します。わたしのカレは問題児、ワクワクマンション、モンスター・ソウル、ねこレース、すりすりにゃんこ、恋するモデル、幕末列伝、ガチャモン、サモンメーカー、ねこ猫パネル、らぶ彼女、三国志forわくわくなど、無料で遊べるコンテンツにますます磨きがかかりました。当時の会員数は、280万人を突破します。

2012年、会員数は300万人を突破し、この頃、チャットルームも新設されます。パーティーチャットとツーショットチャットがあり、メールや掲示板、声のコーナーと並んで、さらにコミュニケーションの場が増えました。また、コスメや健康グッズを買えるモコモールというオンラインモールや、女性限定のワクワクガールズトーク、日記機能の充実など、出会い以外のコンテンツも充実していきます。そして、ワクワクメールのコンテンツの一つ、日記機能から、ついに書籍が誕生しました。その名も『リア恋。』という書籍で、リアルな恋話83作品を1冊にまとめた本で、アマゾンで販売されています。

2013年、ワクワクメールがリアルイベントを開催しました。テーマは「希望のない社会の幸福学~愛からのコミュニケーション」というもので、大学教授からナンパ師まで個性的な出演者が登壇し、希望のない社会を幸福に生きるために必要な「愛の形」を真面目にディスカッションする社会的に意義のあるイベントでした。

2014年、会員数は350万人を突破し、ついにワクワクメールが公式iPhoneアプリをリリースします。アプリ版では、掲示板検索、プロフィール検索のほか、「つぶやき」と呼ばれる140字の文字と画像のツイッター風コミュニケーション機能がつきました。

2015年、会員数は530万人を突破します。

2017年には、マッチング実績1,000万組に達します。

2018年には、会員数700万人に到達しました。

ワクワクメールの歴史を振り返って、一つ気づいたことがあります。それは、料金が一切値上がりしていないことです。2001年の開設当時から、メール1通50円という料金設定で、それはこの記事を執筆している現在も変わりません。これまで様々な機能が追加され、無料コンテンツも充実し、なによりも1000万組ものカップルを生み出してきたワクワクメールは、50円で楽しめます。まさに昭和の価格です。そんな信じられない企業努力で、男女のマッチング業界を一歩も二歩もリードし続けているのが、ワクワクメールです。

↓↓↓公式サイトへGO↓↓↓


ワクワクメールの運営会社情報

運営会社 株式会社ワクワクコミュニケーションズ
運営会社住所 東京都港区六本木7丁目5-11
電話番号 0570-05-0909

新着人妻ツーショット一覧

PCMAXアプリ(2017-11-14)

ワイワイシーアプリ版(2017-07-19)

SugarDaddy(2017-07-19)

ASOBOアプリ版(2017-06-12)

ワイワイシー(2017-05-11)

[もっと見る]

PAGE TOP